日本レップス−上水道漏水調査

sitami.JPG

現場下見調査

適切且つ正確な調査を実施するため、配管図と現地を照合し、埋設管や弁・栓類の位置、分岐点や切り回し点の確認をします。

kobetu1.JPG

戸別音聴調査

主に給水装置で発生している漏水を発見する事が目的で、止水栓や量水器において音聴棒をもちいて、漏水音の有無を確認します。また、地上漏水については目視による確認を行います。

ontyou1.jpg

路面音聴調査

主に道路上で発生している漏水を発見する事が目的で、騒音を少ない深夜に漏水探知器を用いて埋設管路上を約1m間隔で漏水音の有無を探知します。
また、仕切弁・消火栓などの弁・栓類は音聴棒を用いて直接音聴し、漏水音の有無を確認します。

kakunin1.jpg

確認調査

戸別音聴調査や路面音聴調査により探知された異常箇所において、漏水の有無・漏水位置を特定するため、ボーリング作業を実施します。ハンマードリル・ボーリングバーを用いて穿孔した穴に音聴棒を埋設管近くまで差し込み、地中内部の漏水音・水の噴射音や噴出水の有無を確認し、漏水位置を特定します。



taten1.jpg

ロガ型多点相関調査

ロガ型多点相関器のセンサー(最大8個)を仕切弁・消火栓などに設置し、設定した時刻・回数によりデータを収集・多点同時解析し、漏水の有無・漏水位置を特定します。タイマーによる設定が可能なため、交通量の多い場所や騒音の多い場所での探知が可能です。

soukan1.jpg

相関式漏水調査

相関センサーを二点間に設置し、両センサーに到達した漏水音の遅れ時間を相関し、漏水地点を特定します。本体(親機)とセンサー(子機)は無線により接続するため、容易に漏水音の探知・特定が可能です。